Last Posts

  • 理想の職業とは?

    世の中には、たくさん仕事があるので、できたら、自分に合った仕事をしたいなと思いますよね。
    自分も何がいいのかなと思うけれども、今は不景気でいい仕事も少ないものです。
    何か仕事をしたくても、希望のような仕事はできません。
    理想と現実には違いがあるものです。
    たぶん、世の中のみんないい仕事がないのかなと思うのですが、ないものでしょう。
    難しいよね。
    友人も会うと、仕事は嫌だなと文句を言っています。
    自分だけではなくて、みんないい仕事がないのです。
    理想の職業をできている奴なんかいるのかな?
    何でも、理想と現実には大きなギャップがあるので、始めた時には理想の仕事かなとか思っても、そうでもないかもしれません。
    やったら、いやな面もあるよね。
    それは、どんな仕事でも同じでしょう。
    自分はできたら、あまりほかの人間とはかかわらない静かな仕事がいいですね。
    接客業とかは緊張をしてしまうので、自分がやっていくのには向かないな!
    と思います。
    気が小さくて、人見知りだから、あまり他人とかかわらない仕事が自分はいいかなと思うのです。
    君は、どんな職業が理想ですか?
    にぎやかな仕事かな?

    continue reading
  • サラリーマンだった父を見て今思い出すこと!

    自分の父親は製薬会社で働いていましたが、あまり出世もできなかったし、さえない男でした。
    子供の時には、「こんな親父は嫌だな」と思ったのです。
    友人の親はかっこよくて、輝いて見えました。
    今考えたら、自分の親はすごいよね。
    文句も言わないで、自分や妹や母親を養ったのです。
    母親は専業主婦だから、全く稼ぎはなかったので、全部おやじが稼いだんだろ?
    すごい。
    自分が働くようになったら、いかに親がすごいのかが分かってきました。
    自分もサラリーマンでやっていますが、稼ぎも少ないし、いやなことはありすぎて、
    毎日、最悪だ!
    まだ、まともに結婚もできないし、このままだったら60歳になっても結婚できないね。
    それなのに、親父は結婚もして、親になって、2人も子供を大きくしたのです。
    自分には、できないな!
    親父は、何を考えて働いていたのかな?
    無口で何も言わない男だったので、自分とも何も話をしませんでした。
    でも、毎日つらかっただろうね。
    それは、分かります。
    今になったら、親父がいかにすごいのか尊敬するよ。
    何十年間も会社でこき使われて、ボロボロになってしまったよね!
    同じ生き方は、自分にはできないなと思うのです。

    continue reading
  • 女性はもっと大変!OLという働き方

    女の子も若いときにはいいけれども、年を取ったら大変だね。
    自分は、男でよかったのかな?
    女の子は若いときにはきれいでいたら、みんなにちやほやされていい気分ですよね。
    でも、30代以降になったら、生き方も難しくなっていきます。
    若いときには、腰掛でいられても、だんだん腰かけでは厳しくなってしまうからです。
    OLさんも、みんな人生どうしたらいいのかなと悩むでしょう。
    友人でも、OLの子もいますが悩んでいます。
    内心では、結婚したいのでしょうが、結婚も条件がいい男ではなかったらいやみたいです。
    結局は、お好みや理想が高いので、自分が思うようにはいかないこともおこってしまうみたいです。
    みんな生き方には苦労が多くて、悩んでしまうのです。
    昔は、みんな嫁に行け!
    という感じだったのですが、今は好きに生きられてしまうので、その分窮屈な生き方しかできないのかもしれません。
    女の子も早く結婚できたら勝ち組になれるけれども、結婚したら結婚したで、また別の心配になってしまうので、楽ではないといえます。
    あなたは、どんな生き方や結婚観なのかな?
    OLさんも気楽なようでいて、実際には楽ではないですよ。
    お悩みや心配が出てくるものです。

    continue reading
  • ボクが始めて挑戦した起業・・・・

    あれは今から7年ほど前の話になります。
    ボクは大学を卒業してごく普通に起業に就職しました。

    最初は別に疑問を感じることはありませんでしたが、
    働いているうちに次第に

    「このままではヤバい!」

    「このままでは人生が終わってしまう!」

    って危機感を抱くようになったのです。

    周りをみまわたしてみても別にそんな危機感を感じている人は特にいませんでした、ボクだけなぜか上昇志向が強かった部分があったのかもしれません。

    とにかく、このままではろくな人生にならないって危機感が毎日をボクを襲うのでした。

    ということで、何かをしなければならない!なんでもいいからとにかくはじめなければならないってことでボクがはじめたのが資格をとりまくるってこと。

    英会話やらITの資格とかをとにかくとりまくったのを憶えています。

    そうやっていればなぜかわかりませんが、不安から開放されていきました。
    後になってそんな資格なんかが何の意味もないってことに気づくのですけど。

    continue reading